睡眠サプリ 依存症が心配な方におすすめのサプリメント

安眠対策でなら依存症にならない睡眠サプリがおすすめ

睡眠薬による依存症が心配な方に睡眠サプリをおすすめする理由
  • 自然な眠りをサポート
  • やる気や集中力など仕事の悩みを解決
  • 自然な成分の組み合わせで安心
人気の睡眠サプリはこちら

睡眠の悩みを抱える人でも、睡眠薬に頼りたくないという人は多い

現代社会では、およそ5人に1人が睡眠で悩んでいると言われています。睡眠サプリは睡眠薬ではありません。睡眠サプリは、医薬品による強制的な睡眠ではなく自然な眠りをサポートしてくれます。やる気や集中力が不足している人、昼間にウトウトしてしまうという日常の悩みに睡眠薬に頼ることなく改善するので、睡眠サプリので助かっている人は多いです。自然な成分をいくつも組み合わせることで、しっかりとした休息が期待できます。

人気の睡眠サプリはこちら

依存症に睡眠サプリの選び方でおすすめの3つのポイント

睡眠サプリの選び方の3つのポイント
  • 有効成分が多い
  • 費用対効果に優れている
  • 機能性表示食品で安心
おすすめの睡眠サプリはこちら

有効成分の多い睡眠サプリを選ぶ

主なものにグリシン、GABA、トリプトファン、テアニンなどがあり、リラックスや休息効果などがあります。これらを組み合わせることで高い休息効果を得られます。

費用対効果の高い睡眠サプリを選ぶ

有効成分が多く、効果が期待できる睡眠サプリを選ぶのは当然ですが、費用対効果、つまりコストパフォーマンスも大切ですよね。なぜならお求めやすい価格でないと続けられないからです。健康的な睡眠週間を取り戻すには数ヶ月、無理なく続ける必要があります。定期コースの価格を日数で割った、1日辺りの価格が購入しやすい価格である必要があります。

機能性表示食品で安心のサプリメントを選ぶ

安心・安全で、睡眠サプリメントにしっかりとした効果を期待するなら「機能性表示食品」であるサプリメントを選びましょう。

機能性表示食品とは、
・安全性の確保
・機能性表示を行うにあたって必要な科学的根拠の設定
・適正な表示による消費者への情報提供
を目的とした、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品(サプリメント)です。安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届けられたものです。

引用: 消費者庁ホームページ「機能性表示食品って何?」

おすすめの睡眠サプリはこちら

依存症が気になる方向け睡眠サプリの成分比較表

グッドナイト27000 ネムリス ピースナイト
テアニン
200mg
36mg
200mg
グリシン
246mg
495mg
なし
GABA
102mg
70mg
100mg
トリプトファン
102mg
70mg
なし
ラフマ
60mg
50mg
なし
その他 カモミール、ラクティウム クワンソウ、メリッサエキス、月見草 パッションフラワー
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

※すべて1日分で比較

有効成分がバランスよく含有量も多いのはグッドナイト27000

費用対効果の高い睡眠サプリ値段比較表

グッドナイト27000 ネムリス ピースナイト
通常価格
6480円
7000円
5460円
モニター価格
1069円
5670円
2730円
2回目以降の価格
20~30%OFF
10%OFF
値引きなし
送料
無料(定期コース)
無料(定期コース)
432円(4860円以上で無料)
一日あたりの価格
38.5円
189円
91円
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

※すべて税込み価格

1日あたりの費用が安く、費用対効果が高いのはグッドナイト27000

依存症が気になる方向けの睡眠サプリの安全性比較表

グッドナイト27000 ネムリス ピースナイト
機能性表示食品
200mg
36mg
200mg
放射能検査
246mg
495mg
なし
GMP基準認定
HACCP
有機JAS認証
推薦
医学/薬学博士推薦
筑波大学教授推薦
その他 モンドセレクション金賞 なし ハイクオリティ認証
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP
安全性の指標が最も高いのはグッドナイト27000

依存症にならない睡眠サプリおすすめランキング

1位: グッドナイト27000

(睡眠サプリ)Goodnight27000公式サイト

  • 配合成分の量が飛び抜けている
  • 科学的根拠のある機能性表示食品(サプリ)
  • 国内生産・各種検査が実施されているので安心・安全

グッドナイト2700は、科学的根拠のある機能性表示食品。睡眠サプリのなかでも配合成分の量、質ともに飛び抜けており、L-テアニンを始め、GABA、トリプトファン、ラフマ、カモミールなど良質な睡眠をサポートする成分がバランスよく含まれています。植物性ハーブを中心にすべての配合成分料を公開しており、睡眠薬のような習慣性・依存性の心配がありません。

グッドナイト2700は、国内生産されており、GMP基準認定、有機JAS認定取得、放射能検査の実施されており、安全・安心について最大限配慮された健康補助食品です。定期コースだとお得に購入でき、他の睡眠サプリと比べて圧倒的なコスパを誇ります。

公式サイトはこちら

2位: ネムリス

(睡眠サプリ)ネムリス公式サイト

  • 有効成分をバランスよく配合
  • メリッサエキス配合
  • 費用対効果(成分配合量)は普通

ネムリスは、植物性ハーブを中心に、グリシン、GABA、トリプトファン、テアニン、ラフマなどの有効成分をバランスよく含んでいます。GMP基準認定向上で作られており、安心してお召し上がりいただけます。

公式サイトはこちら

3位: ピースナイト

(睡眠サプリ)ピースナイト公式サイト

  • 機能性表示食品としてグリシンとテアニンを配合
  • パッションフラワーを配合
  • 配合成分の種類は少ない

ピースナイトはキッコーマンによる機能性表示食品です。有効成分のテアニン、GABAを始めとして、パッションフラワーも配合。GMP基準認定工場製造、ハイクオリティ認証も取得して安心してお召し上がりいただけます。

公式サイトはこちら

依存症にならない睡眠サプリランキングで「グッドナイト27000」が1位の理由

(睡眠サプリ)Goodnight27000公式サイト

睡眠サプリのグッドナイト27000は配合成分の量が飛び抜けている

グッドナイト27000は、睡眠サプリの中でも配合成分の種類の多さ、そして成分自体の量が飛び抜けています。テアニンは6000mg(1日分200mg)、グリシンは7380mg(1日分246mg)、GABAは3060mg(1日分102mg)、トリプトファンは3060mg(1日分102mg)、ラフマは1800mg(1日分60mg)、さらにカモミール2700mg、ラクティウム2700mg(特許成分)を配合しています。ここまで配合成分の種類と量を両立した睡眠サプリは他にはないでしょう。

睡眠サプリのグッドナイト27000は機能性表示食品である

グッドナイト27000は、科学的根拠に基づいた消費者庁へ届けられている機能性表示食品です。テアニンによるリラックス・休息効果は科学的に認められています。グッドナイト27000は、その他多くの成分により、しっかりとした休息をサポートします。

睡眠サプリのグッドナイト27000は安心・安全

グッドナイト27000は、放射能検査を実地。また公益財団法人による製品の品質と安全性に配慮されていることを認めるGMP認証、その他食品に対する安全管理HACCPの導入、有機JAS認証、モンドセレクション金賞などあらゆる安全施策の実施・認定を受けています。

グッドナイト27000の公式サイトはこちら

睡眠サプリでおすすめする3つの効果

睡眠サプリの3つの効果
  • 寝付きが良くなる
  • 深い眠りにつける
  • 疲労回復をサポートする
人気の睡眠サプリはこちら

睡眠サプリは寝付きがよくなる(入眠導入効果)のをサポートする

睡眠のリズムを作るホルモンであるメラトニンの材料であるトリプトファンをとることで、自然な睡眠に導かれます。

また、日常のストレスを開放して緊張を緩和、リラックスさせてくれるテアニンやカモミール、すみやかに深睡眠(徐波睡眠)をもたらすグリシンなどいくつかの有効成分があり、これらを組み合わせることで相乗効果を期待できます。

睡眠サプリはぐっすり眠れる(中途覚醒しない)のをサポートする

グリシンは、熟眠感の改善と起床時の爽快感のある目覚めをもたらします。

テアニンには中途覚醒時間の減少効果が認められています。

種睡眠機の中途覚醒時間はプラセーボ条件の19.8±7.5分に対し、L-テアニン条件では12.6±4.5分と有意に減少した(p=0.044)。また、睡眠の前半に比し後半の方で、L-テアニン摂取による中途覚醒の減少はより大きい傾向(p=0.075)が認められた。

引用: アクチグラフを用いたL-テアニンの睡眠改善効果の検討

睡眠サプリは睡眠の質を向上し、疲れを取る(疲労回復)のをサポートする

睡眠サプリのテアニンには、疲労回復の実験結果が知られています。またグリシンは疲労感の軽減効果、GABAには精神的ストレスによる気力の低下を緩和する機能があります。

20~36歳の男性22名を対象としたL-テアニンを配合した食品によるテストでは、大きな疲労回復の傾向がみられた。

引用: アクチグラフを用いたL-テアニンの睡眠改善効果の検討

グリシンは睡眠に不満を持たない人でも,睡眠時間が不足している場合には睡眠の質を改善し,翌日のパフォーマンスを改善すると考えられた.

引用: 睡眠改善食品 機能性表示食品成分グリシンを中心として

人気の睡眠サプリはこちら

睡眠サプリだけでは効かない?効き目について

睡眠サプリの効き目の3つのポイント
  • 睡眠サプリはおだやかに効く
  • 睡眠サプリと共に生活習慣の改善も必要
  • 飲み方にも注意が必要
おすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠サプリは、睡眠薬のように強制的に眠らせる力はありません。自然の力でリラックスし、しっかりとした休息がとれるためのサプリメントであり、だからこそ睡眠薬のような依存症の心配がないのです。

睡眠サプリの効果を実感するためには、生活習慣の改善も必要です。例えば夜、寝る前にお酒は飲まないであるとか、布団の中でスマホを見ないといったこと、さらには夕方以降は珈琲を飲まないなどの生活習慣が必要です。

また、せっかく睡眠サプリを飲んでも、飲み方を間違えていては意味がありません。寝る前の1~2時間前に飲むようにしましょう。

おすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠サプリ、その他のメリット

睡眠サプリにはこんなメリットも
  • 睡眠は筋トレの効果をアップさせる
  • 睡眠は脂肪燃焼させ美容にも良い
  • 睡眠はストレス解消にもなる
人気の睡眠サプリはこちら

睡眠サプリのメリットは休息だけではありません。睡眠サプリで健全な睡眠習慣によって、睡眠の質が高まり、筋力トレーニングによる筋力アップにつながります。

また、睡眠は脂肪燃焼効果ありますのでダイエット・美容にもかかせません。女性で睡眠習慣が乱れている人は、いますぐ睡眠サプリで健康習慣を取り戻しましょう。

「睡眠は最大のストレス解消」とも言われるように、質の良い睡眠は日常のストレスを開放してくれます。しかし、その日常のストレス自体が質の良い睡眠を妨げます。そんな方はテアニンやGABAなどリラックス成分が含まれる睡眠サプリを選びましょう。

人気の睡眠サプリはこちら

睡眠サプリの安全性と依存症について

安全な睡眠サプリ選び、3つのポイント
  • 機能性表示食品であること
  • GMP・放射能検査など各種検査済み
  • 医学・薬学の博士が推奨している
安全なおすすめ睡眠サプリはこちら

睡眠サプリは、睡眠薬のような依存症がないため多くの人に利用されています。しかし現在、多くの睡眠サプリがあるため、どの睡眠サプリを選ぶべきか迷ってしまいますよね。そこで安全性の高い睡眠サプリを選ぶポイントを、紹介します。

まずは効果の認められている、機能性表示食品であること。これは消費者庁に届け出がないと表示することはできません。

また、各種安全性の検査が必要です。特にGMP(「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」に基づく「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」)、つまり医薬品等の製造の際の品質管理に適合している工場で製造されていることが大切です。また多くの方が懸念する放射能検査も大切です。

サプリメントの中には、医学・薬学などの専門家が推奨していることも要チェックでしょう。彼らは専門家なので、実績に基づいたサプリメントでないと紹介文を書きません。なので誰か分からない人よりも、ちゃんとした肩書のある方の紹介こそ最強の口コミだと言えるでしょう。

安全なおすすめ睡眠サプリはこちら

睡眠サプリの副作用とリスクについて

睡眠サプリは食品ですので、医薬品である睡眠薬のような深刻な副作用は起こりにくいです。しかし、その際は用法用量はキチンと守ることが大切です。ただしリラックス作用があるので何かの作業をする前には飲まず、1日の終りに飲みましょう。

睡眠サプリは妊娠中に飲んでも安全?

まず原則として、医薬品である睡眠薬や精神安定剤を避ける必要があります。これは薬局に売っている睡眠導入剤でも同様です。医薬品の中には催奇形性(さいきけいせい)といって、胎児に奇形が起こる可能性があるものがあるので気をつけて下さい。

睡眠サプリは医薬品成分は入っておらず、用法用量を守っている分には問題が起こることはないと思われます。ただし輸入モノの海外サプリメントは別で、メラトニンなど直接的な作用が強く、日本ではサプリメントとして販売できないものも含まれます。必ず国内で販売されているものを選びましょう。

そういった睡眠サプリであれば、健康的な睡眠がとれるので妊娠中の女性で睡眠の悩みがある方にはおすすめです。

睡眠サプリは授乳中に飲んでも安全?

不眠症に悩まされている授乳中のお母さんは多いですよね。だからといって睡眠薬を飲むと、母乳を介してのお子さんへの影響が心配ですよね。

かといって夜泣きで眠れないのは困りますよね。そんんお母さんには睡眠サプリがおすすめです。リラックスした状態に導きますので、夜泣きのイライラ解消・ストレス解消にも繋がります。

睡眠サプリは子供が飲んでも安全?

学校生活、受験のストレスなどで不眠に悩むお子さんは多いですよね。昔から「寝る子は育つ」と言いますが、睡眠は子供の成長にとっても大切です。しかし、かといって睡眠薬は依存症が心配で飲ませたくないですよね。安心して飲める睡眠サプリなら副作用や依存症の心配がないのがおすすめです。リラックスし、ストレスの開放にも繋がりますので、お子さまと一緒に生活に取り入れることをおすすめします。

安全なおすすめ睡眠サプリはこちら

睡眠サプリを飲むタイミングと飲み方

睡眠サプリの飲み方、3つのポイント
  • 寝る前の1~2時間前に飲む
  • 睡眠習慣を同時に取り入れる
  • 有効成分がバランスよく豊富な睡眠サプリを選ぶ
有効成分が多い睡眠サプリはこちら

睡眠サプリはいつ飲むのがいい?

睡眠サプリの成分が吸収されるまで少し時間がかかるため、寝る前1~2時間前に飲みましょう。睡眠サプリはリラックス成分が含まれていますので、キチンとリラックスできるように、その日1日の仕事が終わっていることが大切です。1日のスケジュールで考えて、一日の終りとして飲むのが良いでしょう。

睡眠サプリはお酒(アルコール)と飲むのは安全?

睡眠サプリの飲み方で気をつけるべきことはいくつかありますが、薬ではないので飲み合わせやタイミングにそこまで神経質にならなくて良いでしょう。アルコールと飲んではいけないわけではありませんが、アルコールを飲むと睡眠が浅くなるという実験結果があります。ですので寝るためにアルコール飲む習慣があるのならこの際やめてしまった方が良いでしょう。睡眠サプリにはリラックス成分が含まれているので、リラックスのためにアルコールを飲む必要はありません。ただし、飲み会で帰ってきた後に睡眠サプリを飲んでも安全性には問題ないので安心してください。

睡眠サプリは夜勤の疲労回復にも効果がある?

夜勤で仕事をしている方には共通の悩みがあります。それは夜勤明けでは寝られず、体調管理が辛いといった悩みです。睡眠サプリはそういった方にこそ役に立つサプリです。睡眠サプリを毎日飲み続けることで夜勤の仕事に合わせて体内時計を適正化し、規則正しく寝られるように睡眠リズムを整えていきます。

睡眠サプリといっても様々な成分があるので、きちんとした休息をサポートする成分がバランスよく、豊富に含まれている睡眠サプリを選びましょう。

有効成分が多い睡眠サプリはこちら

依存症のないおすすめの安い(コスパの良い)睡眠サプリについて

コスパの良い睡眠サプリ選び、3つのポイント
  • 有効成分の多いこと
  • 1日あたりの費用が安いこと
  • 公式サイトで購入すること
コスパの良いおすすめ睡眠サプリはこちら

睡眠サプリは毎日継続することが大切です。なので有効成分がバランスよく多く含まれていることは当然として、基本的には継続コースが無理のない価格であることが大切です。その際は、1日あたりの費用で考えるのが良いでしょう。

また、公式サイトで購入すると初回はお試し価格がある睡眠サプリメントもあります。なので公式サイトで購入すると、かなりお得に睡眠サプリを始めることができます。

おすすめ睡眠サプリ公式サイトはこちら

市販の睡眠サプリが手頃な値段の理由

ドラッグストア(薬局)で売っている睡眠導入剤が気になっている方もいるかもしれませんが、おすすめできません。これは別の病気のための医薬品の副作用で眠気を起こすものがあり、それを睡眠導入剤として利用したものです。ですので毎日飲んで健康的な睡眠習慣をつける目的では使用できません。

またコンビニのDHCやコストコなどは知名度はありますが、厚生労働省での栄養機能食品と認定された、有効成分がバランスよく豊富に含まれている睡眠サプリを選ばないと、費用対効果の面では価値薄いのでおすすめできません。

海外の安い睡眠サプリを輸入するときの注意

アメリカなど海外の認可されていない安い睡眠対策サプリを個人輸入を考える場合、気をつける必要があります。

これらは自己責任で輸入するものであり、なにか問題が起きても日本の法律では対処できないことがあります。

例えばメラトニンやセロトニンといったサプリメントは直接的に人体に作用するため、日本ではサプリメントとして販売できません。

また、製造の際の基準も日本と違っているので、口に入るサプリメントでは安易な海外サプリメントはおすすめできません。

おすすめの国内睡眠サプリはこちら