1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫依存症が気になるなら睡眠サプリがおすすめ

依存症が気になるなら睡眠サプリがおすすめ

依存症が気になるなら睡眠薬より睡眠サプリがおすすめです

睡眠薬のデメリット3つのポイント
  • それなしでは寝られない依存症の恐れがある
  • だんだん効かなくなる耐性が生じる
  • 副作用などの危険性がある

強い効果と即効性がある睡眠薬ですが、副作用など大きなリスクが伴います。睡眠薬の副作用にはめまいやフラつき、吐き気、眠気の持ち越し、倦怠感、頭痛、物忘れ(健忘)などがあります。

また睡眠薬には、飲み続けると効果が薄れてきて強い薬を求めるようになる耐性が生じます。さらに睡眠薬なしでは寝られないようになり、精神的にも肉体的にも頼るようになる依存症が生じてきます。

これらの心配がないのが睡眠サプリです。様々な栄養素や自然由来のハーブの相乗効果で自然な眠りと休息をサポートします。睡眠サプリなら耐性や依存症の心配がありません。

安全な睡眠サプリはこちら

睡眠薬への依存から、睡眠サプリを選ぶ人が増えている

睡眠の悩みの解決には睡眠薬と睡眠サプリがありますが、両者は似て非なるものです。

睡眠薬は、強制的に眠ることができますが、依存症や耐性という大きな問題があります。一方睡眠サプリは、健康な睡眠をサポートする栄養素やハーブの力であくまで自然な睡眠を内側からサポートするものです。

健康的な生活のために睡眠の問題を解決するならば、まずは安全性が高く依存症や耐性の問題がない睡眠サプリを試してみるべきでしょう。

依存症の心配のない睡眠サプリはこちら

安全性の気になる方への睡眠サプリの選び方

安全性の高い睡眠サプリ選びの3つのポイント
  • GMP基準認定・放射能検査
  • 日本の工場での製造
  • 機能性表示食品である

安全性の高い睡眠サプリはどうやって選べば良いのでしょう。

安全性の高い睡眠サプリを選ぶにはまず、公的機関での安全性に関する認証や検査を受けていることを確認しましょう。そのなかでも、特に重要なのがGMP基準認証です。

また、やはり日本人による日本人のためのサプリは日本国内で製造されていると安心ですよね。国内工場で製造されているサプリかをぜひ確認しましょう。

簡単に効能と安全性が基準を満たしていることを確認するには、その証明である機能性表示食品としての表示が許されているサプリメントであることを確認しましょう。科学的に立証されている成分を必要量配合しているサプリで、なおかつ消費者庁に届け出をしていないと機能性表示食品としての表示は認められていません。

こういった基準をチェックすれば、睡眠サプリの安全性の高さを客観的に比較することができます。

安全性の高いおすすめ睡眠サプリはこちら

安全な工場の認証GMPとは

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略です。これは医薬品などの製造管理・品質管理の国際的な基準となります。

これに適合しているということは、原材料の入荷から製造、そして出荷に至るまでの全ての工程で製品が安全に作られているということの証明になります。

元々は世界保健機関(WHO)が作成して世界中に広まったもので、日本では薬事法に基づいて厚生労働省がGMP省令としてまとめています。

よく言われるGMPの目的が次の3点です。
1 人による間違いを最小限にする。
2 医薬品が汚染されたり、品質が低下するのを防ぐ
3 高い品質を保つ仕組みをつくる

引用: 誰でもわかる簡単GMP (1)GMPって何?

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは2015年から始まった比較的新しい制度で、科学的根拠に基づいた成分の効能(機能性)を表示することが許されている食品(サプリメント)のことです。

安全性および機能性(効能)の根拠を消費者庁長官に届ける必要があります。これはつまり、安全で効果的なサプリをわたしたち消費者が選べるようにするための制度ということです。

睡眠サプリを選ぶなら、機能性表示食品であるものを選べば間違いないでしょう。

・おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。
・安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
・消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。

引用: 機能性表示食品って何?

これらを満たしている睡眠サプリはこちら

人気の睡眠サプリの安全性を比較してみました

機能性表示食品

まず、機能性表示食品としての表示が認められているかは重要でしょう。

機能性表示食品として表示が許されているサプリは、消費者庁によって有効成分とその量が決められており、それに適合しているものしか表示が認められていません。

グッドナイト27000とピースナイトは機能性表示食品として表示が認められています。

放射能検査

福島の原発事故があってからというもの、国内のサプリメントといえども安全性の心配をもつ人は多くなりました。

そこで、キチンと放射能検査を行っているかというのは安心にとって重要です。

グッドナイト27000とネムリスは放射能検査の実地を行っています。

GMP基準認定

医薬品製造レベルの品質管理が求められる世界基準GMPには、グッドナイト27000、ネムリス、ピースナイトの3つとも基準認定されています。

このあたりはさすが人気のサプリといったところでしょう。

HACCP

HACCPは、ハサップもしくはハセップと呼ばれることが多い、サプリメントを含む食品製造の工程上で危害を起こす要因を分析して管理する方法となります。これを食品製造に取り入れることで、食品へのリスクの混入を防ぐことができ、安全なサプリメント・食品を製造することができるのです。

日本では、厚生労働省が総合衛生管理製造過程というHACCPの考え方を取り入れた制度を作っています。

人気サプリの中でもグッドナイト27000はこのHACCPを導入して、高度な製造管理を行っているので安心感が高いと言えるでしょう。

有機JAS認証

有機JAS認証は農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然の力で生産された食品に与えられます。この有機JAS認証がない農産物や加工品に、「有機」「オーガニック」という名称を付けることは法律で禁止されています。

グッドナイト27000はこの有機JAS認証を取得しています。

専門家の推薦

睡眠サプリメントの科学的な知識を持っている、その道のプロフェッショナルがおすすめしているサプリを選びたいものです。

グッドナイト27000は日本薬理学会・日本薬学買い・日本栄養・食料学会に所属している医学/薬学博士である田口茂博士が推薦しています。またグッドナイト27000は、栄養士の方も優れたサプリだと認めています。

ネムリスは、名門筑波大学の教授である裏出吉博教授がその効果を確認しています。

グッドナイト27000公式サイトはこちら

睡眠サプリのリスクってないの?

睡眠サプリの安全性の高さはわかったけど、睡眠サプリのリスクやデメリットってないのかという疑問は当然あるでしょう。

基本的に日本で売られている人気サプリに大きなリスクはありませんが、海外製のものはリスクあるものがあります。まず海外製のサプリを個人輸入する場合は、睡眠サプリに限らず

粗悪品を手に入れる可能性があります。

海外サプリの中には日本ではサプリメントとして販売が禁止されているメラトニンが含まれているものが多いです。このメラトニンは脳に直接作用する睡眠ホルモンですが、直接摂取すると過剰摂取になる危険があります。日本のサプリのように、メラトニンの原料であるトリプトファンを取って、体内で必要な分を合成させるべきでしょう。

睡眠サプリの副作用

睡眠薬は副作用が強いのでおすすめできません。睡眠薬には吐き気が、日中のダルさなどの副作用が起こることが多いのです。

一方睡眠サプリでは、こういったことは起こりづらいです。ただし、用法用量を守りましょう。通常はありえませんが、例えば1ヶ月分を一度に飲んでしまうと、脳内のセロトニンが増えすぎて頭痛や吐き気などの副作用が出ると予想されます。

子供も睡眠サプリって飲んでいいの?

お子さまが夜寝られなくて困っていて心配という親御様も多いのではないでしょうか? できるだけ自然な形で良質な睡眠をサポートしてあげたいですよね。

睡眠サプリは未成年でも飲めるため、睡眠に悩んでいるお子さまにもオススメです。その際にはアレルギーに注意することが必要です。

また育児疲れを癒やすために、お母さんやお父さん方にもおすすめです。

妊娠中に睡眠サプリって飲んでいいの?

妊娠中に寝られない、でも睡眠薬に頼るわけにはいかない。そんなことってありますよね。そんなときは睡眠サプリを飲んで良いのか迷われると思います。

この点についてはデータが充分とは言えず、デリケートな問題です。睡眠薬ほどシビアではないにしろ、念の為避けたほうがいいでしょう。

まずはお世話になっているお医者様にご相談ください。

授乳中に睡眠サプリって飲んでいいの?

授乳中に睡眠薬などの医薬品成分は、赤ちゃんへの影響が心配で飲むのを避けたいと思うのが人情ですよね。なので睡眠サプリで解決したいと思われるでしょう。

睡眠サプリでは、睡眠薬のような深刻な影響が出るとは考えにくいです。ですが、デリケートな問題なのでまずはお医者様にご相談の上で判断するのが良いでしょう。

おすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠サプリの成分の安全性は?

テアニンの安全性

テアニンはグルタミン酸エチルアミドとも言い、緑茶などに含まれるアミノ酸の一種です。

テアニンには興奮を抑制するリラックス効果があり、日中に摂取した場合は適切な覚醒状態に保たれることが実験の結果分かっています。


睡眠サプリの成分テアニンの効果

引用:Vol.11 睡眠とL-テアニン (2) 話題の機能性表示、有力候補はこの素材! | 健康のおはなし | 太陽化学株式会社

テアニンの摂取目安量は1日200mg程度、これは煎茶20杯分に相当します。

自然界に存在し、また食品添加物にも指定されているのでリスクは特にないと思われます。問題となる健康被害や副作用はこれまで報告されていません。

グリシンの安全性

グリシンにはノンレム睡眠の時間を長くする作用があります。グリシンは食品添加物としても使われる成分で、菌の繁殖力を弱める働きがあります。

グリシンとして使用されているもののほとんどが化学合成で作られていますが、天然のグリシンと大きな違いはなく危険性はありません。むしろ、食品添加物として厳しい検査をパスしているので安全性は高いと言えます。

過剰摂取すると副作用として、下痢など胃腸の調子が悪くなることがあります。

「睡眠に軽度の問題を有するヒトの動物モデルとしてラットで睡眠妨害条件を作り出し、この条件下においてはラットのノンレム睡眠量が減少することを確認しました。

そこで、このモデルで明期におけるラットの脳波と筋肉の動きをモニターする筋電位を測定し、睡眠の有無およびその状態をモニターすると、ノンレム睡眠(深い睡眠)量がグリシン投与群で増加しました。」

引用元: アミノ酸“グリシン”(※1)摂取により、入眠時の深部体温を低下させ、睡眠の質・睡眠量が改善されることを発見!−第32回日本睡眠学会にて発表−

GABAの安全性

GABAは発芽玄米に多く含まれる栄養分で、機能性表示食品として国が睡眠に対する効果を認めています。

GABAはグルタミン酸から体内でもある程度合成されますが、現代社会では食物からの摂取も必要です。

GABAの大きなリスクは特にないですが、お酒と一緒に取るとアルコール依存症になる恐れがある点、そして向精神薬、睡眠薬と一緒には取ってはいけない点は気をつけましょう。

トリプトファンの安全性

トリプトファンは睡眠サプリに多く含まれる休息サポート成分です。リラックスホルモンのセロトニンの材料になるので精神的な原因による不眠症に効果があり、不眠症・うつ病の治療で用いられます。

トリプトファンは大きなリスクは特になく、一般的な容量なら全く問題はないと言えます。とはいえ、過剰摂取すると吐き気や肝機能障害を引き起こす可能性があります。用法用量を大幅に超える量を一度に取るのは控えましょう。

おすすめの睡眠サプリはこちら

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。