1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫睡眠サプリの飲むタイミング、おすすめの飲む時間や注意点

睡眠サプリの飲むタイミング、おすすめの飲む時間や注意点

【睡眠サプリ、いつ飲む?】おすすめの飲み方

おすすめの睡眠サプリの飲み方のポイント
  • 飲むタイミングは寝る前の1時間~2時間前
  • 1日の仕事をすべて終えてリラックスした状態で
  • 夜勤の場合には生活習慣も気をつける

睡眠サプリは、健康的な睡眠習慣を手に入れたいと思った日から飲み始めましょう。

ここでは、睡眠サプリの代表としてグッドナイト27000を前提に話を進めます。

おすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠サプリを飲むタイミングは寝る1~2時間前がおすすめ

睡眠サプリの効果を最大限に引き出すためには、夕食を食べた後から就寝の1時間前までに飲むのが良いでしょう。

睡眠サプリの有効成分の吸収時間を考えると、寝る直前よりも1時間は前に飲んだほうが良いのです。

ちょっとずつ飲むタイミングをずらして、自分のベストな飲み方を見つけると良いでしょう。毎日同じタイミングで睡眠サプリを飲むことによって、体が睡眠リズムを覚えるようになり、横になったらスッと寝られるようになりますよ。

睡眠サプリは1日の仕事をすべて終えてリラックスした状態で

睡眠サプリにはリラックス成分が入っていますので、緊張を強いるような車の運転や仕事などの用事が終わってから、さあ寝る準備を始めるぞというタイミングで飲みましょう。

パソコンやスマホなどの液晶画面を覗くような行為は入眠を阻害するので控えましょう。

睡眠サプリを飲んだ後は休息の時間と決めてしまい、部屋の照明を落として暗くしてゆっくりと過ごしましょう。そうすることで、これから寝るのだと心と体に教えてあげることになります。

アロマを焚いたり、ストレッチをして体の緊張をほぐし、眠気が起きてきたら布団に入りましょう。これまでの横になっても眠れないという認識から、ベッドに入れば眠れるのだと条件づけをして意識を変えてあげることが大切です。

夜勤の場合の睡眠サプリ、おすすめの飲み方

睡眠の悩みを持つ方で、夜勤や交代制など職場の都合でどうしても朝起きて夜寝るという睡眠のリズムを作れない方がいます。コンビニや24時間体制の工場なども多いのでどうしても避けられない方は、かなり多いと思われます。

そんな中、健康的な睡眠がとれるかどうかは、心身の健康のために非常に重要です。とくに夜勤などの場合は疲れが取れにくいのでなおさらのことです。

通常の睡眠リズムに逆らって脳に睡眠のタイミングを知らせることは中々難しいですが、その際の睡眠に必要な栄養素を睡眠サプリでおぎなってあげ、さらにはカーテンを閉めたり、寝る前にお風呂に入って体を温めることなどで、脳に睡眠の準備が整ったことを教えてあげることができます。

これを繰り返すことで、脳と体を休めるパターンを自分自身のものにしていきます。最初は負担が大きいかもしれませんが、パターンを自分のものにしてしまえばラクに寝られ、元気な心と体を手に入れ、健康的な生活が手に入るでしょう。

睡眠サプリの飲み方は、水かぬるま湯がおすすめ

睡眠サプリを飲む際は、通常のサプリメントを飲む際と同じく水かぬるま湯で飲むようにしましょう。ただしそれほど神経質にならなくても大丈夫です。

ただし、睡眠サプリの場合は冷たすぎる水は眠気が飛ぶので辞めたほうが良いでしょう。刺激を抑える意味で言えば、少しお湯を足してぬるいくらいが良いでしょう。

また飲みすぎると尿意で起きるので飲みすぎず、控えめにしましょうね。

おすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠サプリとお酒は一緒に飲んでもいいのか

眠れないときにお酒を飲むというのは、日本人に多くみられる特徴です。寝るためにビールなどお酒で晩酌をして、アルコールを摂取する人がいも多いと思われますが、辞めたほうが良いでしょう。

アルコールを飲むと睡眠の質を下げてしまうことが分かっています。眠りが浅くなり、疲れが取れないことで、余計に睡眠の悩みを広げてしまうことになります。

舌の筋肉の緊張が緩んでしまうことで、呼吸がしにくくなったり、アルコールを体外に出すための尿意で夜中に起きてしまうことにもなります。

「ここでは特に、睡眠薬の使い方に関係する部分についてお伝えします。不眠で寝付けないとき、多くの方が間違った対処法を行っています。

・お酒に頼る
・なるべく早く寝る

この2つは不眠を悪化させてしまいます。お酒は寝つきを一時的に良くしてくれますが、睡眠の質を落としてしまいます。」

引用: 睡眠薬の効果・副作用・強さについて医師が詳しく解説|元住吉こころみクリニック

アルコールを飲む習慣を睡眠サプリへ移行するのがおすすめ

質の良い睡眠のためにアルコールは控えるのが良いとはいえ、突然お酒を辞めると反動で寝られなくなるということも起きます。睡眠サプリを飲むようにすれば、そういった反動を抑えることができるでしょう。

質の良い睡眠をとるためにはお酒を控えること、それと同時に睡眠サプリを飲むことをセットにして考えましょう。

ちょっとずつ移行しておけば、眠るためにアルコールを飲む習慣もなくすことができるので、一石二鳥というわけです。

おすすめの睡眠サプリはこちら

睡眠サプリは珈琲やお茶などカフェイン入りの飲み物と一緒に飲まないこと

睡眠サプリをカフェイン入りの飲料と飲むことは避けましょう。利尿作用により吸収率が下がったり、夜中にトイレに起きてしまう中途覚醒になってしまう恐れがあります。

また単純にカフェインには覚醒作用と行って眠気が減る作用があるので、睡眠サプリの意味はなくなります。夕方以降はカフェイン入り飲料を飲むのはやめましょう。

珈琲やエナジードリンクは勿論、緑茶や紅茶、ココアなどにもカフェインが入っています。身体が慣れてしまって気づかないかもしれませんが、これらも眠気を飛ばしますので夜には飲まないようにしましょう。

飲むときは、冷たすぎない水やお湯で飲みましょう。

睡眠サプリと薬との飲み合わせは大丈夫?

睡眠サプリ全てにおいて語ることはできませんが、例えば色々な有効成分が多く含まれているグッドナイト27000でも、基本的には薬と一緒に飲んでも大丈夫です。

ただ、心配な方はかかりつけのお医者さまに確認した方がより万全です。

睡眠薬マイスリー錠(ゾルピデム)との飲み合わせ

睡眠薬として最も有名なマイスリーは超短期型の睡眠薬です。非ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤に分類されます。

グッドナイト27000など睡眠サプリにはGABAという成分が含まれていますが、睡眠薬の代表格のマイスリーにはGABAの力を引き出すので、睡眠薬との併用をする場合は、担当のお医者様に相談したほうがいいでしょう。

飲み合わせとは別に、睡眠薬には副作用があるので気をつけましょう。

睡眠導入剤フルニトラゼパム錠(アメル)との飲み合わせ

睡眠導入剤フルニトラゼパムは、商品名「アメル」「サイレース」「ロヒプノール」という名前の処方薬です。睡眠薬の分類としては中間型で半減期は7時間です。

現在睡眠導入剤のフルニトラゼパムと睡眠サプリ「グッドナイト27000」との間に影響がでるという報告はないようです。

フルニトラゼパムはベンゾジアゼピン受容体に結合してGABA神経系の作用を増強する作用があります。翌日に効果を持ち越すことがあるので注意しましょう。睡眠サプリにはそのようなことはないので安心です。

睡眠薬・抗不安薬のリーゼ錠(クロチアゼパム)との飲み合わせ

クロチアゼパムは睡眠薬として大変人気の高いハルシオンやサイレースと同様の作用をするお薬として愛用者の多いお薬とされています。

いまのところ、睡眠サプリ27000との間に飲み合わせの問題は報告されていません。

甲状腺ホルモン剤チラーヂンS(レボチロキシン ナトリウム)との飲み合わせ

甲状腺ホルモン剤のチラーヂンS、レポチロキシンナトリウムと睡眠サプリグッドナイト27000との間の飲み合わせに問題があるという報告はありません。

高血圧治療薬アムロジピンとの飲み合わせ

睡眠サプリグッドナイト27000と高血圧治療薬のアムロジピンとの飲み合わせに問題があるという報告はありません。

睡眠サプリグッドナイト27000の購入はこちら

睡眠薬の依存症が心配な人にこそ睡眠サプリがおすすめ

依存症が心配な人に睡眠サプリがおすすめな理由
  • 辞められなくなるという依存性がない
  • なかなか効かなくなるという耐性がない
  • 記憶がなくなるという健忘がない

睡眠に悩みを持っている人で睡眠薬の依存症になっている方も多いことでしょう。睡眠薬の依存症ってなかなか辞められないんですよね。これは睡眠薬に依存症があるからです。

また睡眠薬には耐性といって、だんだん効きづらくなる特徴があります。いわゆる薬漬けになって、睡眠薬の量が増える前に睡眠サプリで健康的な睡眠に切り替えたほうが良いでしょう。

その際、睡眠薬をいきなり減らすとむしろ不眠が強まることがあります。これは睡眠薬の断薬には反発性不眠という特徴があるからです。

睡眠薬と睡眠サプリは、摂りすぎなければ飲み合わせの問題はありませんので、睡眠薬を減らしながら睡眠サプリに移行していきましょう。

睡眠薬を辞めたい人にこそ睡眠サプリはおすすめです。

おすすめの睡眠サプリはこちら

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。